【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド

【割引で最安値】アドビ認定オンラインスクールで「Adobe CC」をお得に契約する方法まとめ【おすすめスクール紹介】

Premiere Pro・Photoshopなどがセットになった「Adobe Creative Cloud」はあらゆるクリエイターのニーズを満たしてくれるプランですが、契約料金が高い点で購入を踏みとどまっている方も多いでしょう。
使いこなせるかどうか分からないアプリに約7万円を出せる方はそうそういないはずなので、Adobe CCを契約するなら絶対に割引価格で利用すべきです。

アドビ認定オンラインスクール」なら大幅に割引されて契約できる上、各種アプリの使い方を勉強できます
Adobeを契約する際に以下の悩みを解決したいと考えている方には最適なので、アドビ認定オンラインスクールをおすすめします。

  • Adobeをなるべく安く契約したい
  • これからAdobeを使うために使い方を知りたい
  • 分からないことがあったときに誰かに頼りたい

この記事ではAdobe CCを最も安く契約する方法について、おすすめのアドビ認定スクールについて解説していきます。
これからAdobeを契約する方は損をしない方法で契約すべきなので、まずはこの記事を読んで割引率とおすすめスクールについて知っておきましょう。

以下の内容を解説しています!
  • 各種サイトの割引率について
  • Adobeスクールの解説・利用できる
  • おすすめのAdobeスクール紹介
Adobeって高いよね…
くえすとちゃんアイコン画像

おすすめのスクールについて知りたい方は以下のボタンをクリックすると該当部分にジャンプできるので、スクールについて知っている方は飛ばしても構いません。

Adobe公式から直接契約をすると損をしている

Adobe公式ストアの契約価格
  • 年間プラン(月々払い):6,248円(税込み)
  • 年間プラン(一括払い):72,336円(税込み)
  • 月々プラン:9,878円(税込み)

Adobe公式でもセールを行っているので、公式の割引を利用できれば2割引程度の価格で契約できます。
ただし常時行われているわけではなく、基本的には新学期などのような特定のシーズンにしか利用できません。

Amazonからの購入も不定期に割引が行われるので、AmazonのセールやAdobeストアのセールで安く契約できます。
もちろんこちらも不定期かつAdobe CCが割引されるとは限らないため、すぐにでもAdobeを使いたい方には不向きです。

たのまな Adobeの割引

Adobe公認スクールの「たのまな」で契約した場合、ほぼ半額でAdobe CCを利用できる。

一方でアドビ認定オンラインスクールを利用する場合、大幅な割引でAdobe CCを契約できます。
ほとんどのスクールで年間プランを半額近い価格で契約できるため、割引率はあらゆるサイトで最安値となっています。

もちろんオンラインスクールなので単にAdobe CCを契約するだけではなく、しっかり受講すればAdobeの基本的な使い方をマスターできるようになります。

実のところ、筆者はAdobe公式ストアの2割引価格で契約してしまいました。
もっと早くスクールについて知っていれば2万円は節約できたので、ハッキリ言って後悔をしています。

2万円もあれば良いキーボードやマウスを揃えてもお釣りが来るよね…

くえすとちゃん

Adobeスクールパートナープログラムなら最安値契約ができる

Adobeスクールパートナープログラム
参考 アドビスクールパートナー|Adobeスクールパートナープログラムとは

Adobeには「スクールパートナープログラム」という制度があり、登録しているスクールは受講者に対して特別価格版でライセンスを販売できます。
この制度を利用すると大幅に割引された価格でAdobe CCを契約できる上、アプリの使い方についても学べるので公式ストアから直接契約するよりもお得です。

通信講座を選べるスクールもあり、実際に講義を行っている学校施設へおもむかなくとも勉強が可能です。
スクールは学生・教員でなくとも受講できるため、だれでも勉強をしつつ割安でAdobe CCを契約できます。

Adobe CCの使い方をマスターできる

スクールでは学びたい期間を設定してプランを選べるので、自分のぺースにあわせてアプリの使い方について勉強できます。
通信講座なら動画による講義の視聴・課題・テキストによる解説・メールでの質問など、さまざまな媒体で学べるのも特徴の1つです。

スクールで学べる内容の範囲で「アドビ認定アソシエイト」というデザイナー向けの資格も取得できるため、本格的にデザイン関係の仕事に携わりたいと考えている方にもおすすめです。

Premiere ProやPhotoshopを併用するならスクールが最安値

Adobe Dynamic Link

Premiere Proの連携画面。After Effectsの作業ファイル(コンポジション)を読み込める。

動画編集ソフトの「Premiere Pro」と「After Effects」など、Adobe製品には相互互換があるアプリが多いという特徴があります。
動画編集をするなら画像編集ソフトの「Photoshop」「Illustrator」なども有用なので、作業を効率化させるなら複数のアプリを使うべきです。

Adobe公式での単体プラン契約は年額で「28,776 円(税込み)」と少々高額です。
仮にPremiere ProとAfter Effectsを単体プランで契約すると6万円ほどの価格になり、スクールでAdobe CCを契約した場合と比べて2万円以上もの差額が生じてしまいます。

結果的にアプリを選んで契約するよりもAdobe CCですべてのアプリを使うほうが安く利用できるので、2つ以上のアプリを使おうと考えている方はスクールが最安値で間違いありません。

Adobeプラチナスクールパートナーを選ぼう

プラチナスクールパートナー一覧

スクールパートナープログラムに登録しているスクールにはランクがあり、プラチナ・ゴールド・ブロンズの3種類があります。
ランクによってコース形態や講師の充実度が変わってくるため、プラチナが最高の環境を整えているスクールだと言えます。

プラチナランクのスクールにのみ通信講座が用意されているので、オンラインで完結させたい方はプラチナランクのオンラインスクールを選びましょう。
もちろんしっかりと腰をすえて学びたい方はゴールドランク以下のスクールでも問題ありませんが、地域の環境に大きく左右されてしまいます。

割引だけを利用して受講しなくてもOK

オンラインスクールの場合、実は割引だけを利用することもできます
スクールによって形式は変わりますが、添削がある課題は追加料金が必要なコースに用意されており、一般的なコースにはノルマやテストはありません

ほとんどのオンラインスクールは自分でスケジュールを決めて学ぶ形態がメインであり、習熟するに十分な時間分の動画講座を使って学ぶことになります。
そのため自分の都合にあわせて勉強をしたり、必要な部分だけを勉強したり、一切勉強をしない選択も可能です。

だからといって学びたい方がおろそかにされているわけではありません。
講師とのメールによる質問や追加課金による課題の追加など、学びたい方には手厚いサポートやさらなるプランが用意されています

アドビ認定オンラインスクールは「たのまな」がおすすめ

Adobeオンラインスクールはたのまながおすすめ

アドビ認定オンラインスクールなら「たのまな」がおすすめです。
プラチナランクのスクールなので通信講座が用意されており、様々なニーズに合わせたプランが用意されています。

たのまなのココがおすすめ!
  • 割引率が高い(ほぼ半額でAdobe CCを契約できる)
  • カリキュラムがアプリごとに分かれているので使うアプリだけを勉強できる
  • 自分の勉強したい期間に合わせたプランがある
  • メールサポートで疑問をすぐに解消できる
  • 添削課題トレーニングを追加できる
  • 一切勉強をしなくても割引を受けられる

なかでも1ヶ月プランがAdobe CC目当ての方に最適であり、なんと半額でAdobe CCを契約できる上に使い方についてマスターできるようになります。

たのまなのプランに申し込み、課題に一切手をつけずにAdobe CCを利用しても問題ありません
Adobe CCの契約と講座の受講期間が連動しているわけではないので、勉強するかどうかは自由とされています。
もちろん課題に手をつけていないからといってライセンスが剥奪されることもなく、割引目的での契約も可能です。

ただし割引をしていない期間もある(3ヶ月間で1週間ほどの短期間)ため、しっかりと割引されているかどうかを確認してから申し込みをしましょう。

たのまなで学べるAdobe CCのカリキュラム

たのまなで学べるアプリ一覧
  • Photoshop
  • Illustrator
  • InDesign
  • Dreamweaver
  • After Effects
  • Premiere Pro

たのまなが提供している課題は自分でスケジュールを組んで進行できるので、自分のペースで勉強できます。
カリキュラムがアプリごとに分かれているため、使うアプリだけを勉強できる点でも学びやすいスクールです。

6つのアプリを学べば動画編集・画像編集・映像制作に関する技術を習得できるので、クリエイター・ゲーム実況者・デザイナーなどコンテンツを作成する方には特に学びたい要素が詰まっています。

カリキュラムは上記のような動画で学べるので、実際にアプリを操作している画面を確認しながら学べます。
動画だけではなくテキストでの講座も用意されているため、空いた時間に読みすすめるような勉強方法も可能です。

さらに講座を利用できる期間とは別に「サポート期間」があり、分からない点があれば講師へメールで質問ができます。
利用は無制限なので、期間中であれば何度質問しても追加料金を取られることはありません。

たのまなでAdobe CCを契約するまでの流れ

  1. たのまなからプランを選択して申し込む
  2. 申し込み完了後、1週間前後でパッケージが到着
  3. パッケージに封入されているダウンロードカードからIDを確認する
  4. Adobe契約画面でIDを入力して契約する
  5. Creative Cloudシステムツールから任意のアプリをインストールする

たのまなの契約は「クレジットカード(一括・分割)」「銀行振込」「代金引換」「AmazonPay」に対応しています。
Adobe CCのダウンロードカードはパッケージで到着するため、申し込みから少し時間がかかる点は覚えておきましょう。

学生向けのプランを12ヶ月利用間できますが、ライセンスの期限が切れた場合でも学生価格で引き続き契約し続けることができます。

アドビ認定オンラインスクール・お得な契約方法のまとめ

記事の要点をおさらい!
  • スクールなら最も安価な価格でAdobe CCを利用できる
  • 基本的な使い方をマスターできるようになる
  • プラチナランクなら「たのまな」がおすすめ
半額で使えるなら使わない手はないね!
くえすとちゃんアイコン画像

Adobe CCは公式サイトから直接契約すると割高ですが、クリエイターには必須とも言えるアプリです。
割引の有無で3万円近くも価格が変わってくるので、絶対に何からの割引を利用しましょう。

アドビ認定オンラインスクールなら約半額でAdobe CCを契約しつつ、アプリの使い方をマスターできるので最もお得な割引方法です。
中でも「たのまな」は割引率も高く、サポートの手厚さや学びやすさの観点からおすすめのスクールです。

以下の記事では違約金の発生しない解約方法を紹介しているので、現在のプランから乗り換えようと考えている方・解約を考えている方は要チェックです。

Adobeサブスクリプションの解約方法・違約金の回避方法とは? 損しないAdobeの解約方法まとめ

ゲーム実況者・動画編集者へ向けたアプリの解説記事も用意しているので、アプリ単体の契約を検討している方や、Adobeを使うかどうか考えている方は参考にしてください。

【画像付きで解説】有料動画編集ソフト「Premiere Pro」の使い方・購入方法・体験版利用方法まとめ After Effectsの使い方・購入方法・体験版利用方法まとめ 【画像付きで解説】動画編集ソフト「After Effects」の使い方・購入方法・体験版利用方法まとめ
\ 最安値&おすすめスクール /
「たのまな」の詳細はこちら