【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド

【サクサク動作】動画編集におすすめなノートPCの選び方&必要スペック解説【ノートパソコン】

動画編集用ノートパソコンの選び方

動画編集作業はソフトの多重起動やエフェクトを多用するので処理が重たく、一般的なノートパソコンには向いていない作業です。
とくにエンコード作業はCPUを酷使する作業なので、低スペックPCでは熱暴走の危険や、PCの寿命を縮めてしまうリスクがあります。

スペック不足を解消するには性能の良いCPU・グラフィックボードなどが必要になるので、動画編集用に最適化された「クリエイター向けノートパソコン」や「ゲーミングノートパソコン」を用意すべきです。

現在の環境で以下のように感じている方は、動画編集用PCを導入すると見違えるほど作業が快適になります。

  • 使っている動画編集ソフトが重い
  • スペック不足で動画編集ソフトが落ちてしまう
  • 長時間の動画を作ると動作がカクつく
  • エンコード時間があまりにも長すぎる
  • 発熱やバッテリーへの負担に不安がある

この記事で紹介しているノートパソコンがあれば快適に動画編集ができるので、まずは選び方やパーツごとに必要なスペックについて目を通してみましょう。

以下の内容を解説しています!
  • 失敗しない動画編集用ノートパソコンの選び方
  • 動画編集に必要なスペックについて
  • おすすめの動画編集用ノートパソコン紹介
ノートパソコンでも大丈夫なの…?
くえすとちゃんアイコン画像

この記事を読めば絶対に失敗しない動画編集用PCの選び方・おすすめのパソコンが分かるので、迷わずに最適なノートパソコンを購入できます。
もちろん今までに動画編集をしたことがない初心者にも分かりやすく説明しているため、これから動画編集を始める方も参考にしてください。

手っ取り早くおすすめの動画編集用PCについて知りたい・欲しい方は、以下のリンクから記事内の該当部分へジャンプできます。

  • 動画編集入門用ノートパソコンが欲しいなら → raytrek G5
  • 高コスパのノートパソコンが欲しいなら → raytrek R5
  • 広い画面で動画編集を楽しみたいなら → GCR1660TNF-E
  • 最上級の動画編集環境が欲しいなら → GALLERIA GCL2070RGF

実際に動画編集をする流れについては以下の記事で解説しているので、これから動画編集をする方は参考にしてください。

【実践編】ゲーム実況動画を編集をしてみよう! 編集ソフト・録画ソフト・投稿サイトを一挙紹介

当サイトではゲーム実況配信用PCの選び方についても解説しているので、この記事と以下の記事をチェックして自分にあったパソコンを見つけましょう。

ゲーム実況配信PCの選び方 【最適環境】ゲーム実況配信用におすすめなゲーミングPC・BTOパソコンの選び方を解説【2020年最新】

動画編集にノートパソコンを使うメリット・デメリット

動画編集用ノートパソコンのメリット・デメリット

  • 持ち運びできることが最大のメリット
  • 同価格帯のデスクトップPCと比べるとスペックは劣ってしまう
  • 様々な場所で活動する人にはデスクトップPCよりおすすめ

ノートパソコン最大のメリットは持ち運びができることであり、それだけで動画編集用PCにノートパソコンを選ぶ理由になります。
スペックに関しては同価格帯のデスクトップPCよりは劣りますが、そもそもデスクトップPCを買う予定がない方にはあまり意味のない比較です。

ノートパソコンなら場所を選ばず動画編集ができるため、実際に顔をつきあわせるグループでの活動だったり、様々な場所へ出向いて活動している方の作業を円滑にしてくれます。

ただし最高性能の環境を求めている方、自宅だけでしか使わない方にはデメリットの部分も大きくなるため、デスクトップPCも検討しましょう。
以下の記事で動画編集用のデスクトップPCを紹介しているので、この記事とあわせて参考にしてください。

動画編集におすすめなPC・BTOパソコンの選び方&必要スペック解説 【絶対に失敗しない】動画編集におすすめなPC・BTOパソコンの選び方&必要スペック解説【2020年最新】

モニターのサイズはモバイルモニターで解決できる

モニター サイズ比較

15.6インチ・17.3インチの比較。画面が広いとアプリを操作しやすい。

動画編集用ノートパソコンのサイズは15.6インチ・17.3インチの2つが主流です。
解像度は同じでもインチ数が大きいとアプリの視認性と操作性が向上するので、画面の大きさを気にするなら17.3インチモデルが良いでしょう。

モニターのサイズによる問題を簡単に解決する方法としては、モバイルモニターを使った「デュアルモニター化」もおすすめです。

モバイルモニターならノートパソコンと一緒に持ち運べるので、モニターを置ける場所さえあれば作業を効率化できます。
単純に使える画面が2倍になるため、動画編集アプリを効率的に配置して操作性を上げることができます。

エンコードの問題はグラフィックボードである程度解決できる

NVIDIAハードウェアエンコーダー

Premiere Proのエンコード画面。ハードウェアエンコードが可能なPCは選択できるようになっている。

エンコード中は他の作業があまりできなくなるほどCPUに負荷がかかり、作成した動画の長さによっては1時間以上かかる場合もあります
その間はもちろんノートパソコンを動かすわけにもいかず、CPUへ負荷がかかるということはバッテリーの消耗も激しい作業です。

一般的なノートパソコンでは大きなネックとなりますが、グラフィックボードの性能を使った「ハードウェアエンコード」を利用できるなら大幅にエンコード時間を短縮できます
エンコードにグラフィックボードの映像処理能力を使えるので、CPUだけのエンコードよりも速く動画を書き出せます。

ただしグラフィックボードがあったとしてもエンコードは時間がかかる作業に変わりないので、エンコード中は充電しておくようにしましょう。

動画編集用ノートパソコンの選び方・スペック解説

この項目では動画編集用ノートパソコンにおいて必要なパーツを解説していきます。
パーツには一定のスペックが必要になるので、自分の持っているパソコンや、購入予定のパソコンと比較してみましょう。

動画編集用ノートパソコンはCPUが一番重要

CPUは動画編集用PCにおける脳みそ

CPUはパソコンにおける頭脳の役割を担うパーツであり、動画編集において最も重要なパーツとなります。
ノートパソコン用CPUはデスクトップPCより相対的にスペックが低くなりますが、最新モデルのCPUなら動画編集にも耐えられる性能。

動画編集作業は動画編集ソフト・画像編集ソフト・動画ファイル・Webブラウザなど複数のアプリを同時に立ち上げるので、CPUの処理性能が求められます。
処理性能が低いと長尺の動画を編集できなかったり、複雑なエフェクトを使えなかったりと様々な不都合があります。

  • intel Core-i5 → 低価格モデルなら選択肢に入る
  • intel Core-i7 → intel製品で動画編集用に最適な型番

ノートパソコンならintel製「Core-i7」の最新世代が必要になります。
10万円以下の格安パソコンなら「Core-i5」も選択肢に入ってきますが、予算を出せるならCore-i7以上を狙いましょう。

メモリは16GB必要、余裕を持たせるなら32GB

動画編集用のメモリ(RAM)は16GB以上

メモリは作業台に例えられることが多いパーツであり、メモリの容量が大きければ大きいほど並行作業・容量の大きい作業が快適になります。
容量が足りないとアプリを複数起動できなかったり、そもそも長尺の動画を読み込めない可能性があります。

快適に編集をするなら16GBが必要になり、余裕をもって作業をするなら32GBが必要です。
8GBではブラウザ・動画編集ソフトを起動するだけでもカツカツになるので容量不足です。

ノートパソコンは全体的にパーツの換装が難しいものの、メモリだけは手軽に換装できるので予算に余裕が出てきたら増設も可能です。

グラフィックボード(GPU)は必須

動画編集用PCにグラフィックボードは必須

グラフィックボードは映像処理能力を高めてくれるパーツであり、一般のノートパソコンには付属していません。
ゲーム用や映像制作用のパソコンに必要なパーツなので、動画編集用ノートパソコンには必須です。

グラフィックボードのおすすめはNVIDIA製の「RTXシリーズ」です。
RTXシリーズはゲーム向けの描画性能が高いグラボであり、ノートパソコン専用のモデルがあります。
動画編集ソフトによっては「ハードウェアエンコード」で高速エンコードもできるため、CPU単体のエンコードよりも素早く動画を書き出せます。

ストレージは1TB以上のSSDが必要

動画編集用PCはSSDとHDDを使い分けよう

ストレージにはSSDHDDの2種類がありますが、ノートパソコンならSSDの容量を優先しましょう。
SSDは書き込み・読み込み速度が速いという特徴があるので、メインストレージに向いています。

一方でHDDは容量あたりの単価が安いものの、SSDより書き込み・読み込み速度が比較的遅いストレージです。
ノートパソコンのケースによってはHDDを積める余裕がない場合もあるので、基本的にはSSDのみを搭載したモデルが多めです。

アイ・オー・データ
¥8,480 (2020/10/31 23:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

しかし大容量の動画を保存し続けるとSSDの容量が足りなくなってしまうので、HDDを使って保存したい場合は「外付けHDD」をおすすめします。
現在作業中の動画と素材をSSDに保存し、完成した動画・また使うかもしれない素材はHDDで管理するといった風に使い分けすると良いでしょう。

持ち運びを考えて稼働時間・重量・モニターのインチ数をチェックしよう

ノートパソコンは稼働時間・重量・モニターのインチ数を要チェック

  • 稼働時間:最低でも3時間以上、1日中使うなら7時間以上が安定
  • 重量:動画編集用ノートパソコンは2kg程度が平均的
  • インチ数:15~18インチが主流・大きいほど作業もしやすいが重量も増加

頻繁に持ち運ぶ方、外出先メインで動画編集作業をする方は「稼働時間」「重量」「インチ数」の3点をチェックしておきましょう。

とくに稼働時間は外出中に充電をせずに運用する場合に重視されます。
ただしエンコード作業は動画の長さやエフェクトの複雑さによっては1時間以上かかるので、充電アダプタも携帯しておくと安心です。

重量・インチ数は持ち運びの際の利便性に関わってくるため、軽量モデルのノートパソコンを選びましょう。
インチ数は大きければ大きいほど作業が快適になりますが、必要スペースも大きくなるので運用環境を想定する必要があります。

ゲーミングノートパソコン・クリエイター向けノートパソコンにするべき

一般的なノートパソコンとクリエイター向けPCの比較

ここまで動画編集用ノートパソコンに必要なスペックを紹介してきましたが、「ゲーミングノートパソコン」「クリエイター向けノートパソコン」なら全ての項目をクリアしています。

ゲーミングノートパソコンはその名の通りゲーム向けに最適化されており、ノートパソコンながらもPCゲームを遊べるハイスペックさがあります。
クリエイター向けノートパソコンは動画編集・映像制作向けに最適化されており、高いCPU性能と映像用のグラボを必ず搭載しています。

ノートパソコンならではの「排熱問題」も同時に解消しており、ノートパソコン=低スペックというイメージを払拭してくれます
ただし静音性についてはモデルによって差があり、動作の重たい作業を続けていると少し気になるかもしれません。

逆に一般的なノートパソコンは「グラボが搭載されていない」「メモリ不足」「CPUへの高負荷に耐えられない」という明確な欠点があります。
買い求めやすさと重量では軍配が上がりますが、スペックが足りていないと意味がないので絶対にゲーミングノートパソコン・クリエイター向けノートパソコンを選びましょう。

動画編集用ノートPCならBTOパソコンショップがおすすめ

動画編集用PCはパーツごとにスペックを要求してくるため、一般のメーカー製PCではスペック不足です。
BTOパソコンショップ」なら動画編集に必要なスペックを持った「ゲーミングノートパソコン」「クリエイター向けノートパソコン」が数多くラインナップされています。
BTOパソコンとは受注生産パソコンのことを指し、パーツ単位でカスタマイズして注文できます。

ドスパラ クリエイター向けPC

BTOパソコンショップの中でも「ドスパラ(Dospara) 」はクリエイター向けのノートパソコン・ゲーミングノートパソコンを広くラインナップしており、カスタマイズせずとも動画編集用のノートパソコンが簡単に見つかります

とくにゲーミングノートパソコンの品揃えが多いため、高性能CPU・高性能グラフィックボードを搭載したモデルが簡単に見つかります。
ラインナップの価格は幅が広いので、予算に合わせるという選び方ができる点でもおすすめです。

最短即日出荷・分割払いの手数料0円・キャンペーンが豊富など、パソコン初心者には嬉しいサービスが多い点でもおすすめです。

注文してから最短即日出荷なんてワクワクするよ…!

くえすとちゃん

動画編集用ノートパソコンおすすめモデル一覧【2020年最新】

この項目ではBTOパソコンショップ「ドスパラ(Dospara)」で販売しているおすすめの動画編集用ノートパソコンを紹介していきます。
4種類のノートパソコンをピックアップしているので、自分の予算や用途にあったモデルをチェックしてみましょう。

10万円以下の超低価格帯「raytrek G5」

raytrek G5
raytrek G5
CPU : Core i5-10300H
グラフィック : GTX 1650 Ti 4GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
画面サイズ : 15.6インチ
重さ : 約2.1kg
ドスパラで詳細・価格を見る

10万円以下の予算で動画編集用ノートパソコンが欲しい方には「raytrek G5」がおすすめです。
低価格ながらもグラフィックボードを搭載、CPUもCore-i5の中では上位の第10世代モデルを搭載しており、動画編集用ノートパソコンの要件を満たしています。

Core-i7と比べるとスペックは落ちるため、PCゲームを遊んだり、重たい3DCGエフェクトを多用する用途には向きません。
逆に家庭用ゲーム機の実況動画編集には十分なスペックとも言えるため、入門用としておすすめできるモデルです。

ただしストレージ容量は少なめなので増設して注文したり、外付けのHDDを用意すると良いでしょう。

動画編集入門用 or 格安なノートパソコンが欲しい人におすすめ!

くえすとちゃん

家庭用ゲーム機の実況動画を作るなら「キャプチャーボード」が必要

PS4・Switch・スマホを録画したいなら「キャプチャーボード」という機材が必要です。
キャプチャーボードがあればPCへ映像を送信できないゲーム機でも映像を取り込めるので、ゲーム実況を録画できるようになります。

AVERMEDIA
¥22,950 (2020/10/31 17:58:04時点 Amazon調べ-詳細)

ノートパソコンでゲーム実況を録画するなら「AVerMedia AVT-C878 PLUS」がおすすめです。
ハードウェアエンコード式というパソコンのスペックに依存しない方式を採用しているので、ノートパソコンへの負荷を抑えられます。
PCいらずの「単体録画機能」も搭載しているため、録画のためだけにPCを起動する必要もありません。

以下の記事でキャプチャーボードについて解説しているので、性能や選び方についてもっと詳しく知りたい方はチェックしてみましょう。

【2020年最新】ゲーム実況におすすめなキャプチャーボード5選 後悔しない選び方を徹底解説

コスパの良さで選ぶなら「raytrek R5」

raytrek R5
レイトレック R5
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 2060 6GB
メモリ : 32GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
画面サイズ : 15.6インチ
重さ : 約1.85kg
ドスパラで詳細・価格を見る

コスパの良い動画編集用ノートパソコンが欲しい方には「raytrek R5」がおすすめです。
ノートパソコンながらもミドルスペックグラボや大容量ストレージを搭載しているので、これ1台で快適な動画編集が可能になります。
グラボの性能が高いため、ゲーミングノートPCとしても運用が可能です。

15.6インチフルHD・ノングレアタイプの液晶を採用しており、動画編集用として使いやすいモニターを搭載しています。
重量もバッテリーを含めて1.85kgという軽量モデルなため、持ち運びの際にも負担を感じさせません。

動画編集に際してはCPUの性能が高めなので、最新の動画編集ソフトを使った長尺の動画作成にも耐えられるスペックがあります。
さらに「Adobe Creative Cloud」推奨スペックモデルに選ばれているので、Premiere ProやAfter Effectsを使いたい方にも最適です。

コスパの良いノートパソコンが欲しい人におすすめ!

くえすとちゃん

17.3インチで動画編集をするなら「GCR1660TNF-E」

ガレリア GCR1660TNF-E
ガレリアGCR1660TNF-E
CPU : Core i7-9750H
グラフィック : GTX 1660 Ti 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
画面サイズ : 17.3インチ
重さ : 約2.7kg
ドスパラで詳細・価格を見る

できるだけ画面の広いノートパソコンが欲しい方には「GCR1660TNF-E」がおすすめです。
前述した「raytrek G5」と「raytrek R5」の中間に位置する性能なので、動画編集用として十分なスペックがあります。

モニターサイズが広いとオブジェクトの管理やタイムラインの操作が快適になるので、作業効率アップに繋がります
もちろんブラウジングやPCゲームを遊ぶときの快適さにも直結するため、動画編集以外の使いみちでも恩恵を感じられること間違いなしです。

モニター サイズ比較

15.6インチ・17.3インチの比較。画面が広いとアプリを操作しやすい。

こちらのモデルもストレージ容量は少なめなので増設して注文したり、外付けのHDDを用意すると良いでしょう。

広いモニターで動画編集作業したい人におすすめ!

くえすとちゃん

ノートPC向け最高CPU搭載「GALLERIA GCL2070RGF」

ガレリア GCL2070RGF
ガレリア GCL2070RGF
CPU : Core i7-10750H
グラフィック : RTX 2070 GDDR6 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
画面サイズ : 15.6インチ
重さ : 約2.3kg
ドスパラで詳細・価格を見る

ノートPC向けの最高CPUを搭載したモデルが欲しい方には「GALLERIA GCL2070RGF」がおすすめです。
グラフィックボードも性能が高いため、動画編集用PCではなくゲーミングノートパソコンとしてもハイスペックな構成に仕上がっています。

グラフィックボードの性能が高いということはハードウェアエンコードによる速度も優れているので、エンコードが速いパソコンが欲しい方にもおすすめです。

重たいエフェクトを多用した動画編集にも耐えられる上、映像制作・3DCG用・PCゲーム配信用としても運用できます
これ1台さえあればマルチな活動が可能になるため、動画編集以外の活動も考えている方に最適なノートパソコンです。

最高性能のノートパソコンが欲しい方におすすめ!

くえすとちゃん

ノートパソコンならモバイルモニターがあると便利

ノートパソコンをデュアルモニター化するなら、同時に持ち運べるモバイルモニターを用意すべきです。
動画編集用なら高解像度でないと画面がギチギチになってしまうので、フルHD(1920 × 1080)のモデルを推奨します。

おすすめのモバイルモニターは「ASUS MB16ACE」です。フルHD解像度・15.6インチなので、今回紹介したノートパソコンと合わせて使いやすいサイズです。

少々高価ですが低価格帯のモバイルモニターにはフルHDかつ15.6インチのモデルは無いため、必然的にこの価格帯になります。
モバイルモニター界隈は中華製のサクラレビューが蔓延していますが、こちらは信頼性の高いASUS製という点でもおすすめです。

動画編集におすすめなノートパソコン・スペック解説のまとめ

記事の要点をおさらい!
  • 高性能なCPUとグラフィックボードが必要
  • 頻繁に持ち運ぶなら「稼働時間」「重量」「インチ数」は要チェック
  • 動画編集用ノートパソコンが欲しいならBTOパソコンがおすすめ
  • ゲーミングPCの要件も満たしているため、PCゲームも遊べる
クリエイター向け or ゲーミングノートなら快適!
くえすとちゃんアイコン画像
  • 動画編集入門用ノートパソコンが欲しいなら → raytrek G5
  • 高コスパのノートパソコンが欲しいなら → raytrek R5
  • 広い画面で動画編集を楽しみたいなら → GCR1660TNF-E
  • 最上級の動画編集環境が欲しいなら → GALLERIA GCL2070RGF

クリエイター向けノートパソコン・ゲーミングノートパソコンなら動画編集も快適になり、スペック不足はありません。
BTOパソコンショップなら多くのモデルを取り揃えているので、パソコンを購入した経験の無い初心者・パーツの増設が不安な方でも安心です。

大前提として「本当にノートパソコンが必要なのかどうか」を考え、デスクトップパソコンよりも利点が多ければこの記事で紹介しているパソコンを選びましょう。
どれも動画編集用ノートパソコンとしての要件を満たしており、自分の予算や用途に合わせて選べば快適な動画編集を楽しめるようになります。

パソコンを購入し終わったら後は動画編集をするだけです。ハイスペックな環境でサクサク動くソフトやエフェクトを楽しみましょう。

ゲーム実況配信・動画編集用のおすすめ機材については以下の記事でまとめているので、購入するノートパソコンを決めたら次は機材をチェックしてみましょう。

ゲーム実況配信 機材まとめ 【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド 必要な予算・おすすめな選び方を網羅

実際に動画編集をする流れについては以下の記事で解説しているので、動画編集ソフトや録画ソフトをダウンロードしていない方は要チェックです。

【実践編】ゲーム実況動画を編集をしてみよう! 編集ソフト・録画ソフト・投稿サイトを一挙紹介