【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド

Discordのサーバー用おすすめ音楽bot3選&導入方法まとめ

この記事のレベル
むずかしさ
(1.5)
たいせつさ
(3.5)
テクニック
(3.5)

Discordのボイスチャットを利用しているときに「BGMが無くてさみしい…」と感じたことがありませんか?
そんなときは「音楽bot」をDiscordサーバーに追加して、お気に入りのBGMを流してみましょう。

この記事では以下の情報を紹介しているので、音楽botを探している方は参考にしてください。

以下の内容を解説しています!
  • おすすめ音楽botの機能紹介
  • おすすめ音楽botの簡易コマンド表
  • Discordサーバーに音楽botを導入する方法
どんなbotがあるのかな?
くえすとちゃんアイコン画像

当サイトではDiscord初心者へ向けた記事も用意しているので、「まだダウンロードをしていない」「使い始めたばかり」という方は以下の記事もチェックしてみてください。

ディスコードの使い方・ダウンロード解説 【画像付きで解説】「Discord(ディスコード)」の使い方・ダウンロード方法まとめ【初心者向け】

おすすめのDiscordサーバー音楽bot3選

おすすめ音楽bot「Rythm」「Groovy」「FredBoat」の3つを解説していきます。
導入先のURLや簡易コマンドを用意しているので、この記事を見るだけでも音楽botを利用できるようになります。

ただし前提として権限を持っているユーザーでなければbotをサーバーへ追加できません。
以下の記事でサーバーと権限について詳しく解説しているので、まだサーバーを作っていなかったり、権限を作成していない方は参考にしてください。

Discordサーバーの使い方解説 作り方・入り方・削除方法まとめ【画像付きで解説】

Rythm

おすすめのDiscordサーバー音楽bot「RYTHM」

公式サイトhttps://rythmbot.co/
bot導入用URLhttps://rythmbot.co/invite
利用できる動画配信サイトYouTube、SoundCloud、Twitch、Vimeo、Mixer
コマンドと機能一覧https://rythmbot.co/features

Rythmは配信サイトからBGMを流せる音楽botです。
サーバーに追加してコマンドを入力すると、動画配信サイトのURLから楽曲をBGMとして再生してくれます。
Youtubeからプレイリスト自体を再生できるので、自分でプレイリストを作っておけば定番のBGMとして利用できます。

コマンドも覚えやすく、操作もシンプルなので非常に便利な音楽botです。
もっとも利用されている音楽botということもあり、日本語の解説もネット上に広く出回っている点からもおすすめできます。

Rythmの利用方法

実際に音楽botを利用するには上記の画像のように、コマンドを入力してRythmを動作させます。
「!join」でボイスチャンネルにRythmを参加させ、「!p URL」で再生するプレイリストを指定しています。
「!dc」でボイスチャンネルからRythmを退出できるので、使い終わったらコマンドを入力しましょう。

Rythm簡易コマンド表

コマンドコマンドで実行される動作
!joinボイスチャットにRythmを参加させる
!dcボイスチャットからRythmを退出させる
!p ○○(動画URL)URL先のBGMを再生する(Youtubeなど)
!p ○○(プレイリストURL)URL先のプレイリストに登録されたBGMを再生する
!np再生中のBGMを表示させる
!s再生中のBGMをスキップする
!loop再生中のBGMをループ・ループ解除させる
!clear再生待ちになっているBGMを消去する
!shuffle再生待ちになっているBGMの順番を入れ替える
!settingRythmの設定を表示できます

Groovy

おすすめのDiscordサーバー音楽bot「Groovy」

公式サイトhttps://groovy.bot/
bot導入用URLhttps://groovy.bot/invite
利用できる動画配信サイトYouTube、Apple Music、ニコニコ動画、Twitch、sportify、Vimeoなど
コマンドと機能一覧https://groovy.bot/commands

Groovyは配信サイトからBGMを流せる音楽botです。
サーバーに追加してコマンドを入力すると、動画配信サイトのURLから楽曲をBGMとして再生してくれます。
特筆すべき点として、日本人がよく利用する動画サイトに対応しているという特徴があります。

Groovyには有料版もあり、そちらは更に便利な機能を利用できます。
具体的には「エフェクト機能」「24時間稼働(自動退出なし)」「プレイリスト作成機能」が解禁されます。
月額は1サーバー3.99ドルなので、複数人で利用しているサーバーなら小さい負担で有料版を利用できます。

Groovyの導入画面

実際に音楽botを利用するには上記の画像のように、ボイスチャンネルに入室してコマンドを入力してGroovyを動作させます。
「-play URL」で再生するURLを追加すると、追加した順番にBGMを再生してくれます。
使い終わったらユーザーアイコンから「切断」を選択すると、ボイスチャンネルから退出します。

Groovy簡易コマンド表

コマンドコマンドで実行される動作
-play ○○(動画URL)URL先のBGMを再生する(Youtubeなど)
-play ○○(URL)URL先のプレイリストに登録されたBGMを再生する
-queue再生中待ちのBGMを表示させる
-next再生中のBGMをスキップする
-loop c現在再生中のBGMをループさせる
-loop p現在再生中のプレイリストをループさせる
-loop現在のループを解除する
-clear再生待ちになっているBGMを消去する
-shuffle再生待ちになっているBGMの順番を入れ替える

FredBoat

おすすめのDiscordサーバー音楽bot「FredBoat」

公式サイトhttps://fredboat.com/
bot導入用URLhttps://goo.gl/cFs5M9
利用できる動画配信サイトYouTube、SoundCloud、Bandcamp、Twitch、Vimeo
コマンドと機能一覧https://fredboat.com/docs

FredBoatは配信サイトからBGMを流せる音楽botです。
サーバーに追加してコマンドを入力すると、動画配信サイトのURLから楽曲をBGMとして再生してくれます。
コマンドを入力するとbotのメッセージを日本語化できるので、英語以外で利用できる音楽botを探している方におすすめです。

FredBoat 日本語化方法

実際に音楽botを利用するには上記の画像のように、ボイスチャンネルに入室してコマンドを入力してGroovyを動作させます。
;;lang ja_JP」と入力すると音楽botの言語を日本語化できるので、まずは入力しておきましょう。

「;;p URL」で再生するURLを追加すると、追加した順番にBGMを再生してくれます。
使い終わったら「;;stop」を入力し、チャンネルから退出させましょう。

FredBoat簡易コマンド表

コマンドコマンドで実行される動作
;;p ○○(動画URL)URL先のBGMを再生する(Youtubeなど)
;;p ○○(プレイリストURL)URL先のプレイリストに登録されたBGMを再生する
;;np再生中のBGMを表示させる
;;v投票によって再生中のBGMをスキップする
;;skip再生中のBGMをスキップする
;;stop再生を停止し、プレイリストを削除する
;;rep再生中のBGMをリピートさせる(再度入力で解除)
;;shuffle再生待ちになっているBGMの順番を入れ替える
;;wombatウォンバットの画像を表示する

Discordサーバーに音楽botを導入する方法

Rythmの導入方法
  1. 音楽bot導入用URLをクリックする
  2. 音楽botを追加するサーバーを選択する
  3. 表示される認証をクリアする

Discordに音楽botを追加するには、導入用URLからサーバーを選択して追加できます。
Webブラウザ上で動作するので、サーバーの管理権限を持っているアカウントでログインしてください。

今回紹介したおすすめ音楽botの導入用URLは下記の通りなので、使いたい音楽botのURLをクリックしてください。

Rythm 導入メッセージ

導入に成功するとサーバーのチャットチャンネルに音楽botのメッセージが表示されます。
Discord画面右側のユーザー一覧にもbotが表示されるので、追加されているのを確認できれば導入は完了です。

さらに詳しいbotの導入方法・botの探し方は以下の記事で紹介しているので、そちらも参考にしてください。

Discord bot導入方法 Discordに「bot」を導入する方法・人気botの探し方まとめ【画像付きで説明】

Discordサーバー用・音楽botまとめ

記事の要点をおさらい!
  • 利用者数が多いのはRythm
  • 対応サイトが多いのはGroovy
  • 日本語で表示できるのはFredBoat
それぞれ違いがあるね!
くえすとちゃんアイコン画像

音楽botがあれば自分の好きな曲をサーバー内で流すことができるので、共通の趣味を持つ人が集まるサーバーにはおすすめのbotです。
導入自体は簡単ですがコマンドは覚えにくいので、コピペできるコマンド一覧表をサーバー内に用意しておきましょう。

以下の記事でDiscordに関する使い方・情報・テクニックをすべてまとめているので、他に分からないことがあればチェックしてみてください。

ディスコードの使い方・ダウンロード解説 【画像付きで解説】「Discord(ディスコード)」の使い方・ダウンロード方法まとめ【初心者向け】