【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド

【画像付きで解説】録画ソフト「GeForce Experience(ShadowPlay)」の使い方・インストール方法まとめ

この記事のレベル
むずかしさ
(2.0)
たいせつさ
(5.0)
テクニック
(4.0)

「GeForce Experience」はNVIDIA製のグラフィックボード(GPU)を搭載しているPCで利用できるアプリであり、ShadowPlayというスクリーンショットや巻き戻し録画などの機能があります。
ショートカットキーのカスタマイズが豊富という大きなメリットがあり、ゲーム中でも手軽に起動して録画できる点から使いやすい録画ソフトです。

この記事ではGeForce Experienceのダウンロードから、ShadowPlayを使った実際の録画方法までを解説していきます。
画像付きで解説しているので、まずは記事を読んでみて使うかどうかを決めましょう。

以下の内容を解説しています
  • GeForce Experienceのダウンロード方法
  • GeForce Experience(ShadowPlay)の使い方
  • 実際にShadowPlayで録画をする流れ
グラボがあれば使えるんだね!
くえすとちゃんアイコン画像

ShadowPlay以外の録画ソフトについて知りたいという方は、以下の記事でおすすめ録画ソフトをまとめているのでそちらもチェックしてください。

ゲーム実況におすすめな録画ソフト5選&デバイス別解説【PC/家庭用ゲーム機/スマホ】

ShadowPlayを使ったゲーム実況配信の方法についても解説しているので、録画と同時に配信についても知りたい方は以下の記事から使い方を確認しましょう。

GeForce Experienceで配信する方法 【画像付きで解説】「GeForce Experience(ShadowPlay)」を使った配信方法 インストール方法まとめ

GeForce Experience(ShadowPlay)ならではの機能

  • ショートカットキーでいつでも録画を開始できる
  • 「インスタントリプレイ」で巻き戻し録画が可能
  • 「ハイライト機能」でキルシーンなどの見どころを逃さず録画できる

GeForce Experience(ShadowPlay)は「ショートカットキー」による操作が優れており、アプリをわざわざ起動して録画ボタンを押すような手間がありません
どんなタイミングでも録画ができるため、ゲーム中の好きなシーンから実況用の素材を収録できます。

巻き戻し時間を指定して録画できる「インスタントリプレイ」という機能もあり、録画を忘れていても見どころのあるシーンを逃さずに収録できます。
ゲームによっては「ハイライト機能」というキルシーンやデスシーンを自動録画する機能もあるので、クリップやシーン集の作成に役立ちます。

一般的な録画ソフトと同様にマイク音と同時の録画もできるため、ShadowPlayで録画した映像を編集するだけでゲーム実況動画が作れるようになります。
NVIDIA製のグラフィックボードを搭載しているなら使わない手はないので、PCゲームを遊ぶ際には活用してみましょう。

GeForce Experience(ShadowPlay)のダウンロード・インストール方法

GeForce Experience ダウンロード

ダウンロードはこちら

GeForce Experience

まずはGeForce Experienceのインストーラーを公式サイトからダウンロードしましょう。
インストーラーを起動するとインストールが進んでいくので、規約に同意してインストールしてください。
NVIDIA製のグラフィックボードを使っているならインストール済みの方も多いかと思われるので、インストール・利用済みの方はこの項目を飛ばしてください。

GeForce Experience ログイン

インストールが完了したら、GeForce Experienceを起動しましょう。
初回起動時にはログイン画面が表示されるので、アカウントを作成してログインしましょう。
ログインに成功すると、GeForce Experience(ShadowPlay)を利用できるようになります。

GeForce Experience 機能設定

次にGeForce Experienceを起動し、歯車マークをクリックして設定画面を開いてください。
全般タブに「ゲーム内のオーバーレイ」という項目があるので、こちらをオンにしておきましょう。

GeForce Experience(ShadowPlay)の使い方・録画設定方法

ShadowPlay メイン画面

この項目ではGeForce Experience(ShadowPlay)の使い方・セットアップについて詳しく解説していきます。
記事の流れに沿って実行するだけでShadowPlayを使えるようになるので、1つ1つの項目をチェックしていきましょう。

Alt + Zキー」を同時押しするとShadowPlayが起動し、ゲーム中でも簡単に配信や録画が可能です。
この設定を行えばわざわざShadowPlayを利用するためにGeForce Experienceを起動する必要は無いので、起動用のショートカットキーは必ず覚えておきましょう

録画ファイルの保存先を設定する

ShadowPlay 録画ファイルの設定

ShadowPlayトップの歯車マークをクリックし、「録画」から録画ファイルの保存先を設定できます。
一時保存ファイルと録画ファイルの2種類がありますが、録画ファイルの容量は大きくなるため、録画用のドライブがあればそちらに保存するようにしましょう。

録画ファイルの画質を変更する

ShadowPlay 録画画質の変更

ShadowPlayトップの歯車マークをクリックし、「ビデオのキャプチャ」から録画ファイルの画質を設定できます。
インスタントリプレイの長さ・解像度・フレームレートをこの項目から変更できるので、動画編集の際に必要となる画質とすり合わせて設定しましょう。

ハイライト機能の設定を変更する

ShadowPlay ハイライト機能の設定

ShadowPlayには「ハイライト」というゲームと連動し、キル時・デス時の直前から動画を自動で保存してくれる機能があります。
クリップの作成に役立ち、わざわざ録画の開始・終了を自分で選択する必要がないので非常に便利です。

ただしゲーム側がハイライト機能に対応していないと利用できません。
『フォートナイト』はゲーム内にもハイライトの設定があるので、ゲーム側とShadowPlay側の両方から設定しましょう。

録画上に載せる音声(マイク)の設定を行う

GeForce Experience マイクの設定

ShadowPlayの右下にあるマイクマークをクリックすると、マイクの状態を切り替えられます。
常にオン」にしておかないと録画上に声が載らないので、オンに変更しておきましょう。
「プッシュ・ツー・トーク」は特定のキーを押している間だけ音声を入力できる機能です(デフォルトでは「、」に指定)。

GeForce Experience マイクの詳細設定

次にマイクマークの設定をクリックしてください。
ここでは入力するマイクと、各種ボリュームの設定ができます。声がうるさかったり小さかったりした場合はここから調整が可能です。
声が小さすぎてボリュームだけで足りない場合はブーストの数値を上げましょう(ただしノイズの音量も大きくなります)。

録画の開始・終了方法

ShadowPlay ショートカット

録画はShadowPlayを開いて録画ボタンをクリックするか、ショートカットキー(デフォルトではAlt + F9キー)から起動できます。
録画を終了するにはもう一度同じ操作をするだけなので、とくに難しい操作はありません。

録画を開始・終了できるショートカットキーも用意されているので、ShadowPlayを使うなら必ず活用すべき機能です。
各種ショートカットキーは歯車マークの設定から変更が可能です。ゲーム中でも使いやすく、ミスタイプしないキーに設定しましょう。

インスタントリプレイによる録画方法

巻き戻し録画機能のインスタントリプレイを使うにはショートカットキー(デフォルトではAlt + F10キー)を1度入力するだけで録画ファイルが生成されます。
「インスタントリプレイ」はショートカットキーから起動しないと見どころを逃してしまう可能性があるため、必ずショートカットキーを使ってください。

GeForce Experience(ShadowPlay)の使い方まとめ

記事の要点をおさらい!
  • ダウンロード・利用は無料
  • 録画やインスタントリプレイはショートカットキーを使おう
  • マイクの録音も同時に可能
ショートカット機能が便利だね!
くえすとちゃんアイコン画像

GeForce Experience(ShadowPlay)はNVIDIA製のグラフィックボードを搭載していれば誰でも利用できます。
ショートカットキーからすぐに起動でき、インスタントリプレイによって巻き戻し録画もできる点で優れた録画ソフトです。

ハイライト機能を活用すると簡単にキルシーンのクリップ動画も作れるため、FPS・TPSやアクションゲームを遊ぶ方にはとくにおすすめです。
ただし動画容量が大きくなりがちなので、録画する際には動画保存用ドライブの容量は確認しておきましょう。

おすすめの録画ソフトは以下の記事で解説しているので、ShadowPlay以外の録画ソフトについて知りたい方は以下のリンクからどうぞ。

ゲーム実況におすすめな録画ソフト5選&デバイス別解説【PC/家庭用ゲーム機/スマホ】