【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド

「Twitch」の特徴 チャンネル開設方法&ゲーム配信方法完全ガイド

Twitch

この記事のレベル
むずかしさ
(2.5)
たいせつさ
(5.0)
テクニック
(1.5)

Twitchは世界で最も利用されている配信サイトであり、国内でも人気が高い配信サイトです。
アーカイブ機能や拡張機能の優秀が特徴であり、とくに競技性の高いゲームを遊ぶゲーマーから好まれています。

この記事では配信サイト選びに迷ってる方やTwitchで配信・動画投稿をしようと考えている方に向け、Twitchの特徴と配信方法・動画投稿方法を解説していきます。
アカウントの取得から実際に配信・動画投稿する流れを掲載しているので、はじめて配信・動画投稿をする方は参考にしてください。

こんな悩みを解決できます!
  • Twitchの特徴について知りたい
  • Twitchにおける収益化の条件を知りたい
  • 実際にTwitchで配信する方法を知りたい
世界一の配信サイトだね!
くえすとちゃんアイコン画像

Twitch以外のおすすめ配信サイトの特徴・比較を以下の記事にまとめているので、配信サイト選びの参考にしてください。

配信サイトの選び方 【比較あり】ゲーム実況におすすめな配信サイト4選 選び方・収益化・機能について徹底解説

Twitchの特徴・メリット・デメリット

メリット
  • 海外の利用者が最も多い配信サイト
  • すべての機能を無料で利用できる
  • 拡張機能が配信サイトの中でトップクラス
  • 高画質&高解像度に対応している
  • 配信のアーカイブを保存できる
  • 配信の一部分を切り取ってクリップとして保存できる
  • 収益化に関する機能が多い
デメリット
  • 国内での人気はYouTubeより低い
  • 検索で見つかりにくい
  • プレミアアカウント・収益化アカウント以外は機能が制限される

Twitchはユーザー規模が世界最大の実況配信サイトです。
国内での人気はYouTubeに少し劣りますが、FPS・TPS・MOBA・RTS・格闘ゲームといった競技性の高いジャンルが人気となっています。
あらゆるジャンルの大規模大会配信にも広く使われており、多数のプロゲーマーがTwitchで活動している点もTwitchの特徴です。

機能面でも無料で高品質なので、高画質でゲーム実況をしたい方におすすめです。
拡張機能とコメント欄がとくに優れており、スタンプ・投げ銭・サブスクといったリスナーも配信者も楽しめる機能が充実しています。

ただしあくまでも配信サイトなので、動画投稿サイトではありません。
動画投稿機能自体が無いわけではありませんが、その機能はプレミアアカウント・収益化アカウント限定となっています。

Twitchウォッチパーティ

2020年9月からは「Twitchウォッチパーティ」という新機能が追加され、AmazonPrimeビデオに登録されている動画を配信上で流せるようになりました。
公式の機能なので著作権の問題はクリアしており、ウォッチパーティ中もサブスクや投げ銭に対応しています。

ウォッチパーティについては以下の記事で詳しく解説しているので、配信・視聴したい方は確認してください。

Twitchウォッチパーティの使い方 Twitchウォッチパーティのやり方・日本国内での対応状況まとめ【AmazonPrime連携】

Twitchはアーカイブ機能が優秀

Twitch ダイジェスト

Twitchはアーカイブ機能に優れており、誰でも配信のアーカイブを残しておけます(一般ユーザーは14日間、Prime・パートナーユーザーは60日間)。
さらにアーカイブを編集して動画化できる機能もあり、見どころだけを残しておくことで集客に繋げられます。

クリップという配信者・視聴者の両者が作成できる動画機能もあるので、とにかく配信アーカイブを活かした機能が豊富です。

以下の記事でアーカイブ機能・ダイジェスト・クリップなどの機能について1つにまとめているので、そちらもチェックしてみましょう。

Twitchにおけるアーカイブの残し方・編集方法&ダイジェスト・クリップの使い方まとめ

Twitchを使うなら拡張機能を活かそう

拡張機能は画面上にオーバーレイで機能を追加したり、パネルを増やせるシステムです。
とにかく自由度が高いシステムであり、例を挙げると以下のような機能を追加できます。

  • 自分の人気クリップを貼り付けるパネル
  • SNSの最新投稿をチェックできるパネル
  • 特定ゲームタイトルのリーダーボード
  • イベントや配信予定のタイムスケジュール
  • リアルタイム投票機能
  • 投げ銭ランキング

紹介しきれないほどさまざまな拡張機能があり、拡張機能を増やしていくことで自分好みの配信に仕上がっていきます。
チャンネルやSNSのフォロー数を増やすチャンスでもあるので、積極的に利用して視聴者のためになる画面作りを行いましょう。

Twitchにおける収益化のしくみについて

Twitchの収益化は非常に条件がゆるく、少しでも固定のファンがいれば簡単に審査を通過できます
以下が収益化をするための条件となっており、YouTubeに比べると格段に難易度が優しくなっています(YouTubeはチャンネル登録者1,000人以上が必須項目)。

  • 過去30日間において合計500分以上の配信をした
  • 過去30日間において7日以上のユニーク配信日数がある
  • 過去30日間において平均3人以上の同時視聴者があった
  • 50人以上のフォロワーがいる

次に収益を得るための仕組みを3つ紹介します。
どれか1つを選ぶ形式ではなく、全てを効率的に使いこなしてこそTwitchの真価が活かされます。

広告収入

1つ目は「広告収入」です。
チャンネルを開いた際に再生されたり、離席する際などにコマーシャル代わりに流せるもので、配信者の好きなタイミングで広告を貼り付けられます。
視聴者が広告を見たり、クリックすると収入になるので手軽に始められる収益化の方法です。

Amazonアフィリエイト

2つ目は「Amazonアフィリエイト」です。
Amazonの商品を紹介し、紹介したリンクを踏んだ視聴者がAmazonで品物を購入すると契約が成立します(紹介した商品以外の購入も収入になります)。
自分の使っているデバイスを紹介してチャンネルのパネルに配置することで効率的に収益化ができます。

ビッツ・サブスク

3つ目は「ビッツ・サブスク」です。
これは視聴者から収益を得る方法で、ビッツが投げ銭、サブスクが月毎の支払いです。

Twitch 投げ銭

ビッツは視聴者がビッツを購入し、配信中のチャンネルにCheer(投げ銭)ができます。
視聴者がビッツを送るとアニメーション効果のついたチャットを送ることができるので、配信者側もリアクションが取りやすいしくみになっています。
1ビッツあたり0.01ドル換算で配信者の収入となり、拡張機能による投げ銭はそこから2割が引かれて収入になります。

Twitch サブスク

サブスクはその名のとおり、月額サービスの加入による収益化方法です。
視聴者は1ヶ月4.99ドルから配信者をサポートでき、配信者はサポートをしてもらったお礼にサブスク加入者限定のサービスを提供できます。
スタンプ、チャットバッジ、サブスク限定チャットなど、サブスク特典は実況者が好きに選べます。

サブスクに加入しているとチャットが豪華になるので、サブスクコメントに反応してあげるなど視聴者にメリットを持たせてあげましょう。
ちなみにAmazonPrimeに加入していると毎月1つのチャンネルのサブスクができます。

Twitchの実況配信に必要な機材

ゲーム実況を始めるために必要な機材

必要な機材概要
配信用PCPCがあれば、高品質の実況配信を放送できます。
FPS・TPSゲームなど高い処理能力が求められるゲームをするなら、ゲーミングPCが必要です。
一般のPCであれば6万円~10万円、ゲーミングPCであれば10万円~30万円程度の価格です。
キャプチャーボード PCとキャプチャーボードがあれば、ほぼすべての配信方法を利用できます。
価格は1万円~3万円ですが、必ずパススルー機能を搭載している製品を選びましょう。
マイクゲーム実況の要となるデバイスであり、音質が悪いと視聴者離れを起こしてしまいます。
音質にこだわるならコンデンサーマイクがおすすめ(5,000円~3万円程度)です。
ヘッドホン・イヤホンゲーム実況をする際、音漏れによるハウリングをさせないために必要なデバイスです。
安物でも問題ありませんが、FPSゲームを遊ぶなら音質の良いヘッドホンが必須です。
モニター実況配信をする際にはデュアルモニターを推奨します。
キャプチャーボードのパススルー機能を使うなら2枚は必須です。

配信に必要な機材をまとめると、上記の通りです。
PCを持っていないと配信できるサイトやゲームが一気に減ってしまうため、本格的に配信するなら配信用PCは必須です。

家庭用ゲーム機を実況配信するならPCとキャプチャーボードが必要になり、PS4だけの実況配信ならPS4単体でも配信できるので必要な予算は大きく変わります。
キャプチャーボードがあれば家庭用ゲーム機だけではなく、スマホアプリも配信できるので一気に配信の幅を広げてくれます。

必要な機材1つ1つの解説をまとめた記事も用意しているので、これから機材を用意する方は参考にしてください。

ゲーム実況配信 機材まとめ 【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド 必要な予算・おすすめな選び方を網羅

Twitchは海外のサイトということもあり、顔出しゲーム実況も人気です。
顔出しをするならWebカメラやクロマキー素材も必要なので、そちらも検討してみましょう。

顔出し実況配信 顔出しゲーム実況配信の必要機材・おすすめ配信ソフト・クロマキーの使い方解説まとめ

Twitchのチャンネルを開設する方法


まずはTwitch公式サイトにアクセスしてアカウントを取得し、チャンネルを開設します。
Eメールアドレスが必要なので、配信用のアドレスがあればそれを入力してアカウントを作成しましょう。

Twitch チャンネル作成

Twitch チャンネル設定

アカウントを作成したらTwitchトップに戻り、ユーザーアイコンをクリックして「チャンネル」を選択します。
するとチャンネルのカスタマイズ画面に移るので以下のように自分にあった設定を行いましょう。

項目名項目の概要
ストリームキー配信に必要なパスワードのようなものです(設定不要)。
接続切断時の保護配信が切断されてしまった際に再接続をする機能です。
過去の配信を保存する配信のアーカイブ機能です。
無料ユーザーは14日間保存でき、Prime・パートナーユーザーは60日間保存できます。
成人向けコンテンツ成人向けコンテンツの有無です。
この設定をオフにしたまま成人向けコンテンツを配信するとBANされかねないので気をつけましょう。
クリップを有効化配信のクリップを視聴者や配信者が作成できるようになります。
見どころやアクシデントを切り取っておけるので、絶対に活用しましょう。
遅延モード「低遅延」「通常」の2種類があり、画質を落とすかわりに遅延の少ない配信が可能です。
ソーシャルリンクチャンネルにURLを表示できます。
TwitterなどのSNSアカウントや、YouTubeチャンネルを登録しておきましょう。
配信スケジュール今後の配信予定をチャンネルに表示できます。新作ゲームの配信など、予定が決まっている場合は活用しましょう。
自動ホスト自分のチャンネルで他の人の配信を映す機能です。
ホストとなることで他の配信者との繋がりが生まれ、結果的に視聴者獲得につながります。
Raid(レイド)「Raid(レイド)」は配信者が相互で行える視聴者の流入機能です。
配信者の知り合いがいれば一気に視聴者を増やせるチャンスなので活用しましょう。

チャンネルの設定はこれで終わりですが、もっと配信を快適にするには「拡張機能」の追加をおすすめします。
拡張機能があれば視聴者が配信を見やすくなるだけはなく、自分がゲームをする際にも快適に遊べるようになります。

Twitch 拡張機能

拡張機能はダッシュボードのサイドメニューから選択して追加できます。
ただしほとんどの拡張機能が英語で書かれているので、少し苦労するかもしれません。
まずは「おすすめ」のタブから皆が使っている拡張機能をチェックし、便利なものは使ってみてチャンネルを装飾していきましょう。

Twitchで実況配信をする方法

Twitch 配信画面

Twitchのチャンネルを作成したら、サイドメニューから配信マネージャーを開いてください。
この画面で配信の詳細を設定できます。入力する項目は以下の通りなので、実況配信の趣旨にあった内容を入力しましょう。

項目名項目の概要
タイトル配信のタイトルです。簡潔に分かりやすく実況配信の内容を説明してください。
ゲームタイトルを先頭に入れると分かりやすくなります。
ライブ開始通知フォロワーにライブ開始通知を送信する機能です。
詳細を記入できるので、どんなゲームを遊ぶのか、どれだけ遊ぶのかなどを記入しましょう。
カテゴリー配信するゲームを検索し、カテゴリとして入力しましょう(例:Apex Legends)。
このカテゴリがあると特定のゲームで探している人に見つけてもらいやすくなります。
ゲーム実況以外の配信を行う場合には、トークショーなどが用意されています。
タグ配信の内容や、プレイスタイルをタグで教えましょう。
「全ボス撃破」のような目的別のタグもあるので、ゲーム内容に沿ったものを設定しましょう。
配信言語配信言語を設定できます。日本語に設定すると日本人向けおすすめの欄に表示されます。

配信マネージャーの設定が終わったら、設定画面の「ストリームキー」をコピーして使用している配信ソフトにペーストしましょう。
あとは配信ソフト側でマイクやゲーム音の設定をすれば配信が可能です。

OBSのTwitch設定画面

配信中は配信マネージャー画面、もしくは配信ソフト側から設定を行える(画像はOBS)ので、生放送詳細欄やタイトルもリアルタイムで再設定できます。

配信を終了するには、配信ソフト側から配信を終了してください。
配信が終わるとアーカイブが自動でアップロードされ、無料会員なら14日間、Prime・パートナーユーザーなら60日間も保存できます。
クリップは配信中・配信後のどちらでも作成できるので、SNS用に短いクリップをつくって投稿するのも1つのテクニックです。

Twitchの実況配信についてのまとめ

記事の要点をおさらい!
  • 便利な機能が豊富で初心者におすすめ
  • 競技性の高いゲームに人気が集中している
  • 収益化の条件はかなり優しい
配信・投稿はプレミアム会員が前提だね!
くえすとちゃんアイコン画像

Twitchは競技性の高いゲームタイトルが人気のサイトであり、機能面も優れています。
収益化も簡単なので、YouTubeでいちからチャンネルを育てるより早い段階で収入を得られます。
サブスク・ビッツ(投げ銭)の存在から、コアなファンがいれば少ない登録者数でもそれなりの収益は上げられる点も大きなメリットです。

無料で利用できるので、ゲーム実況配信をこれから始めるのならテスト配信をしてYouTubeと比べてみましょう。
動画投稿サイトとしてはほぼ使えないので、配信はTwitch・動画はYouTubeという風に分けるのも賢い使い方です。

YouTube 「YouTube」の特徴&チャンネル開設方法&ゲーム実況配信・動画投稿方法完全ガイド