【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド

【作業効率MAX】動画編集におすすめなモニターまとめ 作業効率を上げるための選び方を徹底解説

動画編集向けモニターまとめ

動画編集の効率を上げるには、動画編集の環境を整えるところから始めましょう。
モニターが変わるだけでも作業効率が段違いに上がるため、最適なモニターを用意する必要があります。

この記事では以下の悩みを持つ方に向けて動画編集用モニターの選び方を解説していくので、これからモニター選びで迷っている方は参考にしてください。

以下の悩みを解決できます!
  • 動画編集用モニターの選び方について
  • 動画編集用モニターに必要な機能について
  • おすすめの動画編集用モニターを知りたい
作業効率が段違い…!
くえすとちゃんアイコン画像

手っ取り早くおすすめの動画編集用モニターを知りたい方は、以下のリンクから該当部分へジャンプできます。

  • 31.5インチの超大画面で作業したいなら → LG 32MN50W-B
  • ウルトラワイドモニターで作業したいなら → LG 29WN600-W
  • 27インチモニターで作業したいなら → Dell SE2719HR
  • 24インチモニターで作業したいなら → ASUS VP248H
  • 4Kかつ28インチで作業したいなら → BenQ EL2870U

ゲーム実況配信用のおすすめモニター記事も用意しているので、この記事と合わせてチェックしてみてください。

【2020年最新】ゲーム実況配信におすすめなゲーミングモニターまとめ PCゲーム&家庭用ゲーム機向け解説

モニター以外のゲーム実況に必要な機材について知りたい方に向けた記事も用意しているので、全ての機材を揃えたい方は以下の記事を参考にしてください。

ゲーム実況配信 機材まとめ 【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド 必要な予算・おすすめな選び方を網羅

動画編集用モニターの選び方・注意点

この項目では動画編集用モニターを選ぶ際にチェックすべき項目について、注意点について解説していきます。
現在動画編集をしている方は、自分の使っているモニターが動画編集用の要件に当てはまっているのか確認してください。

動画編集に最適なインチ数・解像度

  • 最適なインチ数 → 24インチ~32インチが目安
  • 解像度 → フルHD(1980 × 1020)が必須ライン

動画編集用のモニターは広ければ広いほど作業効率が上がるので、ある程度の広さは必須です。

ただし広すぎても画面を操作しにくいため、モニターのサイズは最大でも32インチ程度が限度になります。
解像度はフルHD(1980 × 1020)を出力できなければ作業スペースが狭すぎるので、絶対にフルHD画質以上のモニターを用意しましょう。

モニターの中には「ウルトラワイド」という横幅が広いモニターもあります。
ウルトラワイドモニターは作業スペースを広く使える上、デュアルモニターのような感覚で作業用ウィンドウを配置できるので動画編集向きです。

4Kモニターは動画編集向き

4Kとは「3840 x 2160」の解像度を指すので、必然的に動画編集に使えるスペースが広いと言えます。
同時に4Kモニターの大半はモニターのサイズ自体も大きいので、動画編集に向いているモデルが多くラインナップされています。

インチ数の大きい4Kモニターならデュアルモニター化せずとも画面を広く使えるため、モニターを2枚用意するより安上がりなケースもあります。

目が疲れにくい機能は搭載されているのか

動画編集作業は長時間モニターとにらめっこ状態になるため、目への負担がかかります
モニターによっては目が疲れにくい機能が搭載されているので、できれば負担を和らげる機能を使って動画編集をしましょう。

代表的な機能は「ブルーライトカット機能」「フリッカーフリー機能」があります。
ブルーライトカットはその名の通り、モニターから出ているブルーライトをカットして目の負担を抑える機能です。
フリッカーフリーは画面のチラつきを抑える機能であり、こちらも目の負担を抑えてくれます。

色味をチェック・変更できる機能は搭載されているのか

動画編集中はモニターの明度を下げて作業すると目の負担にならないので、用途に合わせたプリセットや設定を切り替えられる機能があると便利です。
エンコード後に「あれ?思ってた色と違うぞ?」というようなミスも防げるため、色味を切り替えられると様々なシーンで役立ちます。

光沢はノングレア(非光沢)タイプ一択

動画編集用モニターは非光沢がおすすめ

モニターにはグレア(光沢あり)とノングレア(非光沢)の2種類がありますが、動画編集用モニターはノングレア(非光沢)タイプ一択です。

光沢があると光の反射や映り込みがあるため、モニターを直視しづらい環境が生まれてしまします。
確かに光沢があるモニターは発色がキレイに見えますが、長時間モニターと向き合う動画編集には不向きです。

ノングレアタイプのモニターなら周囲の環境によって影響されず、目の負担が少ないため、動画編集を長時間続けられるのでおすすめです。

作業スペースを拡大するならデュアルモニター化もおすすめ

動画編集にはデュアルモニターがおすすめ

動画編集は画面が広いほど作業をしやすくなるため、デュアルモニター化もおすすめの手段です。
単純に使える画面が2倍になる上に、メインウィンドウがフルスクリーン表示中の作業も快適になります。

サブモニターはあまり性能が良くなくても問題ないので、メインモニターは性能の良いモニターを選びましょう。
メインモニターとサブモニターのインチ数を合わせる必要も無いため、デュアルモニター化するだけなら1万円以下の格安モニターでも可能です。

動画編集用モニター・おすすめモデル一覧【2020年最新】

この項目では動画編集用のモニターを用意したいと考えている方へ向けて、おすすめのモニターを紹介していきます。
Amazonで取り扱っている商品からピックアップしたので、自分の理想にあったモニターを選びましょう。

前述の選び方で紹介した要素は全ておさえているので、どのモニターを選んでも失敗することは無いので安心してください。

31.5インチの超大画面&高コスパ「LG 32MN50W-B」

  • 31.5インチ・1920 × 1080の解像度
  • ブルーライトカット機能搭載
  • フリッカーフリー機能搭載
  • プリセット機能・ウィンドウ整列機能あり

なるべく大画面で作業したい方は「LG 32MN50W-B」がおすすめです。
インチ数が非常に大きいため、このモニター1枚で動画編集に関わる作業が同時に行えます

LGのモニターには「ウィンドウ整列機能」が搭載されており、自動でウィンドウを理想的な配置にしてくれる機能があります。
この機能があれば自分でウィンドウをいちいち調整せずとも、動画編集ソフトや画像編集ソフトをベストな位置に配置できます。

同型のモニターと比較しても価格は非常に安い点からも購入しやすいモニターです。
ただし応答速度の関係からゲーム用には向いていないため、あくまでも動画編集に特化したモニターが欲しい方向けの性能となっています。

ウルトラワイドモニター&高コスパ「LG 29WN600-W」

  • 29インチ・2560 × 1080の解像度
  • ブルーライトカット機能搭載
  • フリッカーフリー機能搭載
  • プリセット機能・ウィンドウ整列機能あり

ウルトラワイドモニターは「LG 29WN600-W」がおすすめです。
通常のモニターよりも作業スペースが広く、このモニターさえあれば1枚で動画編集用の環境が完結できるほどです。

ウルトラワイドモニターなら動画編集ソフトだけでモニターが埋まらないため、常用するフォルダを表示したり、画像編集ソフトを利用したりできます。
横幅が広いために動画編集時にオリジナルサイズでプレビューしたとしても作業スペースを空けられる余裕があります。

ちなみにLG製品はウルトラワイドモニターの中でも低価格帯なので、他社のウルトラワイドモニターよりも手が出しやすいというメリットがあります。

27インチで広々と作業をするなら「Dell SE2719HR」

  • 27インチ・1920 x 1080 の解像度
  • ブルーライトカット機能搭載
  • フリッカーフリー機能搭載
  • プリセット機能搭載

31.5インチやウルトラワイドは流石に広すぎる…」と感じた方は「SE2719HR」をおすすめします。
27インチは通常のモニター基準だとやや広めに感じますが、動画編集をするならこのくらい広い方が作業は快適になります。

ベゼルは狭く、スタンドもスッキリしているので27インチにしては作業スペースの幅を取らない点からもおすすめです。
インチ数の大きいモニターを使うなら画面から1m近くは目を離しておきたいところですが、このモニターは比較的薄いので安心です。

もちろんブルーライトカット機能やプリセット機能といった動画編集に必要な機能は完備しているため、動画編集用としてもベストなモニターです。

メインにもサブにも使える24インチモニター「ASUS VP248H」

  • 24インチ・1980 × 1020の解像度
  • ブルーライトカット機能搭載
  • フリッカーフリー機能搭載
  • プリセット機能搭載
  • 75Hz・応答速度1msでPS4Proに対応

メインモニターにもサブモニターにも使えるモニターが欲しいなら「ASUS VP248H」がおすすめです。
ゲーミングモニターと銘打った商品ですが、一般的なモニターと変わらない価格で購入できます

シーンに合わせて映像を変えられる機能があるため、ゲーム用・動画編集用・動画視聴用などを切り替えて利用できます。
リフレッシュレートは75hz・応答速度は1msなので、PS4Proのゲーム実況・配信にも使えるマルチな性能です。

このモニターを2枚用意するだけでも簡単にデュアルディスプレイ化できる上、同じモニターなら設定の噛み合わせも良いのでおすすめです。
もちろん1枚だけでも24インチと十分広いので、動画編集の際にも困りません。

4Kの作業環境を求めるなら「BenQ EL2870U」

  • 27.9インチ・3840 x 2160の4K解像度
  • BenQ独自のEye-Care技術で目の負担を和らげる
  • 周囲の明るさに合わせて最適な色味にする機能を搭載
  • プリセット機能搭載
  • 76Hz・応答速度1msでPS4Proに対応

4K解像度のモニターは「BenQ EL2870U」がおすすめです。
4Kかつ27.9インチの大画面となっており、キレイな映像の動画編集を楽しめるモニターとなっています。

デュアルモニター化すら必要ないほどのインチ数・解像度なので、「BenQ EL2870U」を1枚用意するだけで動画編集が快適になります。
PS4Pro向けのゲーミングモニターとしても運用できるため、このモニター1枚でマルチな活動も可能です。

さらにBenQ独自の機能がいくつか搭載されており、眼精疲労を軽減する効果があります。
フリッカーフリー・ブルーライトカット・輝度自動調整機能・カラーカスタマイズを利用できるので、長時間の動画編集に向いています。

作業効率を最大限に高める動画編集用モニターの選び方まとめ

記事の要点をおさらい!
  • 解像度はフルHDが最低ライン
  • インチ数は24~32程度がベスト
  • 目の負担を抑える機能があると便利
作業スペースの広さを重視だね!
くえすとちゃんアイコン画像

動画編集をするには広い作業スペースが必要なので、解像度・インチ数にはこだわりましょう。
作業スペースが狭いモニターだとウィンドウの行き来が非常に面倒なので、作業効率に天と地ほどの差がでます。

1枚のモニターで作業のしづらさを感じるなら、モニターをもう1枚用意してデュアルモニター化を検討してみてください。
サブモニターはあまり性能にこだわらなくても良いので、メインモニターだけは良いものを選んでおきましょう。

ゲーム実況配信用のおすすめモニター記事も用意しているので、この記事と合わせてチェックしてみてください。

【2020年最新】ゲーム実況配信におすすめなゲーミングモニターまとめ PCゲーム&家庭用ゲーム機向け解説