【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド

【画像付きで解説】Windows10搭載録画ソフト「ゲームバー」の使い方・ショートカットキーの設定方法

Windows10搭載録画ソフト・ゲームバーの使い方

この記事のレベル
むずかしさ
(2.0)
たいせつさ
(5.0)
テクニック
(4.0)

「Xboxゲームバー」はWindows10を搭載しているパソコンなら自動でインストールされているアプリであり、簡単に録画・録音が可能です。
ショートカットキーで起動できるため、ゲーム中でも手軽に録画できる点から使いやすい録画ソフトです。

この記事ではゲームバーの起動方法・設定から、ゲームバーを使った実際の録画方法までを解説していきます。
画像付きで解説しているので、まずは記事を読んでみて使うかどうかを決めましょう。

以下の内容を解説しています
  • Xboxゲームバーの起動方法・設定方法
  • Xboxゲームバーの使い方
  • 実際にXboxゲームバーでXboxゲームバーをする流れ
最初からPCに入ってるんだね!
くえすとちゃんアイコン画像

Xboxゲームバー以外の録画ソフトについて知りたいという方は、以下の記事でおすすめ録画ソフトをまとめているのでそちらもチェックしてください。

ゲーム実況におすすめな録画ソフト5選&デバイス別解説【PC/家庭用ゲーム機/スマホ】

Windows10ゲームバーの録画機能・ゲームバーならではの機能

  • 起動中のウィンドウを自動で判定して録画できる
  • Windowsキーを含めたショートカットキーが豊富
  • マイク音声を含めた録画が可能
  • 巻き戻し録画が可能
  • パソコンのパフォーマンスも確認できる

ゲームバーはWindows10専用ソフトであるためインストールが不要かつ、独自のショートカットキーが利用できます
Windowsキーを使ったショートカットなので他のソフトとバッティングすることも無く、ゲーム中でも利用できる点で優れています。

一般的な録画ソフトと同様にマイク音と同時の録画もできるため、ゲームバーで録画した映像を編集するだけでゲーム実況動画が作れるようになります。

ただしNVIDIA製グラフィックボードを搭載しているパソコンを使っているなら、より多機能な「GeForce Experience(ShadowPlay)」が実質的な上位互換にあたります。
以下の記事でShadowPlayの録画方法を解説しているので、そちらもチェックしてみましょう。

【画像付きで解説】録画ソフト「GeForce Experience(ShadowPlay)」の使い方・インストール方法まとめ

Windows10ゲームバーの起動方法・ショートカットキー一覧

ゲームバー ショートカット機能

ゲームバーはショートカットキーによる操作によって起動し、録画の開始といった操作も可能です。
「Win + Gキー」でゲームバーを起動できるので、最低限このショートカットキーだけは覚えておきましょう。

ショートカットキーはWindowsメニューの「設定(歯車マーク)」から「ゲーム」を選択し、「キャプチャ」から設定が変更できます。
もしくはゲームバーを起動し、ゲームバーの設定から「ショートカット」を選択してもショートカットキーを変更可能です。

以下がデフォルトで割り当てられているショートカットキーです。使いにくいと感じたら自分の使いやすいキーに変えましょう。

使用キー対応している行動
Win + Gキーゲームバーの起動・終了
Win + Alt + Printスクリーンショット
Win + Alt + R録画の開始・終了
Win + Alt + Gキー巻き戻し録画
Win + Alt + Mマイクのオン・オフ

Xboxゲームバーの使い方・録画設定方法

この項目ではゲームバーの使い方・セットアップについて詳しく解説していきます。
記事の流れに沿って実行するだけでゲームバーを使えるようになるので、1つ1つの項目をチェックしていきましょう。

録画ファイルの保存先を設定する

ゲームバー 録画先設定

初期設定ではビデオの「キャプチャ」フォルダに録画・キャプチャ画像が保存されます。

各種設定画面では録画先を変更できませんが、キャプチャフォルダ自体をエクスプローラーから移動することで保存先を変更できます。
メインのSSD容量を圧縮したくない方や、外付けのドライブで管理したいという方は変更しておきましょう。

録画ファイルの画質を変更する

ゲームバー 画質設定

Windowsメニューの「設定(歯車マーク)」から「ゲーム」を選択し、キャプチャの項目から録画ファイルの画質を変更できます。

解像度は録画しているウィンドウに準じますが、フレームレート(fps値)は「30・60」から選択できます。
FPSやTPSなどfps値が高いほど見やすいゲームを録画する際には60に設定し、カードゲームやシミュレーションゲームのように高いfps値が必要無いときは30に設定しておきましょう。

ビデオ品質は「標準・高」の2種類があるので、録画ファイルを動画編集するなら高を推奨します。

録画上に載せる音声(マイク)の設定を行う

ゲームバー マイクの設定

マイクの設定を行うにはゲームバーを起動(Win + Gキー)し、キャプチャパネルと音声パネルを確認しましょう。

キャプチャパネルからはマイクのオン・オフが設定できるので、自分の声を録画に含めたい場合はオンに設定してください。
音声パネルからは使用するマイクと音量が設定できるので、一度録画テストをして音量バランスを確かめてみましょう。

バックグラウンド録画(巻き戻し録画)の設定

ゲームバー バックグラウンド設定

Windowsメニューの「設定(歯車マーク)」から「ゲーム」を選択し、キャプチャの項目からバックグラウンド録画(巻き戻し録画)の設定を変更できます。

「ゲームのプレイ中にバックグラウンドで記録する」にチェックを入れておくと、巻き戻し録画が利用できます。
最小30秒・最大10分の巻き戻しが可能になるので、自分の遊んでいるゲームに必要な時間を設定しましょう。

巻き戻し録画は「Win + Alt + Gキー」のショートカットキーで起動できるため、覚えておくとゲーム中の録画が快適になります。

録画の開始・終了方法

ゲームバー 録画の開始・終了方法

ゲームバーの録画を開始するには、2通りの方法があります。
1つ目はゲームバーを起動(Win + Gキー)し、録画ボタンをクリックする方法です。
2つ目はショートカットキー(Win + Alt + Rキー)から直接録画を開始する方法です。

ゲームバーを使うならショートカットキーを多用すべきなので、後者の方法をおすすめします。
巻き戻し録画もショートカットキー(Win + Alt + Gキー)に対応しているので、直接録画する方法を覚えておきましょう。

録画の終了はもう一度録画ボタンをクリックするか、ショートカットキーを入力すれば完了します。

Xboxゲームバーの使い方まとめ

記事の要点をおさらい!
  • Windows10なら最初から搭載されている
  • Win + Gキーで起動できる
  • 各種設定はWindowsメニューの歯車マーク→ゲームから
ショートカット機能が便利だね!
くえすとちゃんアイコン画像

ゲームバーはWindows10搭載パソコンなら誰でも利用でき、新規インストールは不要です。
ショートカットキーからすぐに起動できる点で使いやすく、巻き戻し録画もできる点でゲームの録画に向いています。
ゲーム録画ファイルに実況音声を含めることもできるため、ゲーム実況用の録画ソフトとして活用できます。

ただしNVIDIA製グラフィックボード用アプリ「GeForce Experience(ShadowPlay)」が似たような使用感かつ、ショートカットキーも基本機能も優れています。
以下の記事でShadowPlayの録画方法を解説しているので、グラボを搭載している方はそちらもチェックしてみましょう。

【画像付きで解説】録画ソフト「GeForce Experience(ShadowPlay)」の使い方・インストール方法まとめ

その他おすすめの録画ソフトは以下の記事で解説しているので、ゲームバー以外の録画ソフトについて知りたい方は以下のリンクからどうぞ。

ゲーム実況におすすめな録画ソフト5選&デバイス別解説【PC/家庭用ゲーム機/スマホ】