【最強環境】ゲーム実況配信をはじめるために必要な機材完全ガイド

YouTubeでゲーム実況をする際に気をつけておきたい著作権について【著作権侵害対策】

YouTubeでゲーム実況

この記事のレベル
むずかしさ
(3.0)
たいせつさ
(5.0)
テクニック
(5.0)

YouTubeにゲーム実況をアップロードするなら、「著作権」について知っておく必要があります。
ゲーム実況はそもそもゲームという「著作物」を扱っているため、実況者はゲーム実況を無許可で自由に行うことはできません。

YouTubeで著作権侵害をすると投稿した動画を視聴できなくなったり、収益化が剥がされてしまうため、著作物の扱いは慎重になりましょう。
この記事では著作権侵害をしないための方法を紹介しているので、自分の作っている動画がちゃんと著作権を守っているか確認してください。

以下の内容を解説しています!
  • ゲーム実況と著作権の関係について
  • 著作権侵害と判定されないためのテクニック
  • 不当に著作権侵害と判断された場合の対処法
ゲーム実況をする前に確認しよう!
くえすとちゃんアイコン画像

当サイトではYouTubeチャンネルを収益化するための記事も用意しているので、まだ収益化できていない方はこの記事と合わせて参考にしてください。

YouTube 収益化 YouTubeチャンネルを収益化するための完全攻略ガイド ゲーム実況で登録者数1000人を目指そう!

無許可のゲーム実況は収益化に関わらず著作権の侵害にあたる

無許可のゲーム実況は収益化に関わらず著作権侵害

ゲームは制作会社や販売元の著作物であるため、インターネット上に無許可で動画をアップロードすると著作権の侵害にあたります
「公衆送信権・公の伝達権」「二次的著作物の利用権」の侵害にあたり、著作権者が告訴した場合には10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金が課されます。

著作物の権利を持つゲームメーカーにのみゲーム実況を行う権利があり、ゲームを購入しただけの消費者にはゲーム実況を行う権利が無いことを意味しています。
ただしゲーム実況は宣伝になるというプラスの面があったために一部では黙認され、いきなり訴えられて刑罰を受けるケースはほぼありませんでした

参考 著作者にはどんな権利がある?| 著作権Q&A公益社団法人著作権情報センター CRIC

近年では各ゲームメーカーがゲーム実況に関する明確なガイドラインを提示するようになり、著作権を侵害することなくゲーム実況を行えるようになりました。
ただしガイドライン上でゲーム実況を禁止している場合は変わらず著作権違反になるため、ガイドラインの徹底した確認が必要です。

YouTubeの「Content ID」という著作物の自動判定機能に注意

「Content ID」とは、YouTubeに投稿されている著作物のコピーを自動で判定するシステムです。
著作物の無断転載を防ぐ機能であり、ゲーム実況の際にはBGMなどに気をつけなければいけません。
著作者は以下の3つからContent IDに登録した著作物へ利用範囲を設定できます。

  1. 動画の公開をブロックする
  2. 動画の収益の一部を著作物の権利者に還元させる
  3. Content IDによる追跡データを得る

収益化を目指してゲーム実況をするなら1番と2番の条件は重たいため、他者の著作物を使うことは避けなければなりません。

しかしContent IDはあくまでも自動判定機能であるため、意図しないゲーム実況の動画がブロックされる可能性があります
具体例を挙げると株式会社ポケモンがYouTubeにアップロードしたPVとゲーム本編の映像が一致していたため、特定の部分を含めたポケモンの対戦動画がContent IDで弾かれるケースがありました。
このケースは回避しにくいので、あとで修正できるように作業状態を保存しておきましょう。

YouTubeのゲーム実況で著作権侵害をしないためのガイドライン

この項目ではゲーム実況が著作権侵害とみなされないための方法を紹介していきます。
自分の作っている動画がちゃんと当てはまっているかどうか確認しつつ、間違っていれば修正していきましょう。

ゲーム実況が許可されているかタイトル・メーカー・制作元を確認しよう

ゲーム実況 収益化の許可一覧

多くのメーカー・制作会社・企業はゲーム実況に関するガイドラインを制作しています。
ガイドラインを破ると「著作権違反」になり、権利者から実況動画の差し止めや、著作権の侵害による刑罰が課される可能性があります。

ガイドラインはゲームタイトルによって変わってくるため、中にはゲーム実況自体を認めないものや、収益化を認めないものもあります。
ゲーム実況をする前に必ず確認しなくてはならない項目であり、確認を怠ると一発で動画を削除されかねません。

YouTubeでゲーム実況の収益化が許可されているメーカー・企業・タイトルについてまとめた記事を用意しているので、この記事と合わせて確認してください。

【著作権対策】YouTubeでゲーム実況の収益化が許可されているメーカー・企業・タイトル一覧まとめ

PS4のゲームならシェア機能から配信しよう

PS4のブロードキャスト機能の配信設定

PS4のシェアボタンを押すと利用できる「ブロードキャスト機能」なら、著作権の侵害をせずに配信ができます。
ブロードキャスト機能は公式に認められている配信方法であり、ゲームタイトル側で配信の制限を設定できるためです。

ただしゲームによってはブロードキャスト機能による配信は認められていても、収益化が認められていないケースがあるので、必ず配信する前にゲームの公式サイトを調査しておきましょう。

ブロードキャスト機能の詳しい使い方・実際の配信方法は以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

【画像付きで解説】PS4の「ブロードキャスト機能」でゲーム実況配信をする方法まとめ

BGM・効果音(SE)はフリーライセンスの楽曲を使おう

BGM・効果音(SE)にも著作権はあるので、好きな楽曲を勝手に流すと著作権違反となってしまいます。
ライセンスフリーの楽曲ならばContent IDにも自動判定されずに使用できるので、必ずライセンスフリーの楽曲のみを使いましょう。

既存のIPを利用したゲームの場合はBGMや挿入歌が著作権の侵害と判定される場合もあるので、キャラクターゲームの実況をするならBGMをオフにしておくと安心です。
ゲームによっては著作権対策にBGMを差し替えてくれる配信モードを搭載している作品もあります。

YouTubeで使えるフリーライセンスのBGM・効果音を配布しているおすすめサイトをまとめているので、以下の記事からダウンロードしましょう。

YouTubeにおすすめなフリーBGM YouTubeで使えるフリーBGMのおすすめ配信サイト5選【著作権対策】 YouTube用おすすめ効果音 YouTubeで使えるフリー効果音(SE)のおすすめ配信サイト5選【著作権対策】

動画内に使う画像の著作権にも注意が必要

OBS 立ち絵

動画や配信に使う画像にも著作権はあるので、アニメや漫画のキャラクターを勝手に使ってはいけません。
実際のところ1枚画像を使っただけで著作権の侵害とみなされて動画が削除されるケースはまずありませんが、クリーンな動画を目指すなら徹底すべきです。

ゲーム実況に画像を使いたいなら、権利者表記の必要がないライセンスフリーの画像がおすすめです。
以下のサイトは無料でダウンロード・利用ができるので、ゲーム実況に画像を使いたい場合は活用しましょう。

  • 写真AC:実写の画像を使いたい場合に便利なサイトです
  • ICOON MONO:アイコンが大量に登録されており、色を自由に変更できます
  • いらすとや:シチュエーションに合わせた画像が揃っています(1動画につき20点以内の制限あり)

著作権侵害とみなされた場合は「異議申し立て」をしよう

YouTube 異議申し立てのガイドライン

参考 YouTube|異議申し立てを行った場合の経過についてYouTube Creator Academy

最近では他人がアップロードした動画や動画に利用されている素材に対して「自分が著作者である」という虚偽の申告をして、広告費をかすめとる行為が横行しています。
その場合は「異議申し立て」で自分が動画の著作者である、あるいは著作権を守っている動画だと証明をする必要があります。

以下が異議申し立てを行う実際の流れになります。

  1. 特定の動画から「異議申し立て」を選択
  2. 著作権侵害でない理由を選択
  3. 異議申し立ての理由を詳細に記入(素材元のガイドラインを添付すると効果的)
  4. 異議申し立ての利用規約について確認する
  5. 実名で署名を行う
  6. 異議申し立ての返信があるまで待つ

異議申し立て中の収益はYouTube側で保留されるため、不当に著作権の侵害とみなされた場合はすぐにでも異議申し立てを行いましょう。
作成した動画が著作権を守っていると判断された場合には保留されていた収益が入ってくるので、早期に対応すれば損失はありません。

筆者が実際に異議申し立てを行ったケースを挙げると、フリー素材のBGMが「本来の著作者ではない人物の著作物」だと登録されていました。
YouTubeに報告を行ってから2週間ほどで解決しましたが、異議申し立てを行わなければ自分の収益が得られないのはもちろん、本来の著作者にも痛手を負わせてしまうところでした

YouTubeのゲーム実況における著作権のまとめ

記事の要点をおさらい!
  • 自動判定機能Content IDに注意
  • ゲーム・BGM・SE・画像などの素材全てに著作権がある
  • 問題があれば異議申し立てを行おう
他人の著作物を勝手に使っちゃダメ!
くえすとちゃんアイコン画像

あらゆる創作物には著作権がついてくるため、ゲームをはじめとして勝手に著作物を使ってはいけません。
幸いにもゲーム実況に関しては企業がガイドラインを設けているので、ゲームタイトルによっては収益化も可能になっています。

ゲーム実況に使う楽曲・画像素材についても同様です。
他の人が使っているからと言ってアニメのキャプチャーを載せたり、テレビ番組の効果音を切り抜いて使ってはいけません。
クリーンな動画を心がけるならあらゆる著作物に対して注意し、ライセンスフリーの素材のみを使いましょう。